ブログ

Digital Platformerが電気自動車充電ネットワーク技術に関するリリースをだしました。

Digital Platformerのリリース

電気自動車充電ネットワーク技術に関する慶應義塾大学との共同研究に関しリリース出しました。

(リリースより)
共同研究の内容は、慶應義塾の有する、仮想電力送電制御技術EVNO(Energy Virtual Network Operator)、Beyond 5G、 Digital Twin技術と、DPの有する高信頼なブロックチェーンによるスマートコントラクト生成技術を組み合わせて、RE100(企業が自らの事業の使用電力を100%再生エネルギーで賄うことを目指す国際的なイニシアティブ)をリアルタイムでダイナミックに保証する電気自動車充電ネットワーク技術に関するものです。
現在は、スタティックな排出権のように、森林でのCO2吸収や、再生可能電力の証明書(以下、証明書)を利用し、クリーンな電気自動車を利用する動きがあると同時に、そこで利用される証明書の信頼性の問題がありました。本来であれば、太陽光発電機から直接電気自動車に充電する方法が理想的ではあるものの、時間や場所の制限の大きさという課題があり、その方法は現実的ではありません。そこで本共同研究では、単に証明書の正確さをブロックチェーンで実現するのではなく、場所や時間(同時同量制御)を詳細に考慮し、需給状況(現在の電力不足や系統不安定性)を、経済原理と組み合わせ、最適にコントロールすることを狙いとしています。
ユーザは、電気自動車への充電を始めると、自動的にRE100の電力を、どこにいても利用可能になり、簡単、正確かつ自動でRE100のチャージを実現します。今後は、PoC(Proof of Concept:概念実証)システムによる、本技術の確立と並行して、RE100を保証した、サブスクリプション型の、RE100電気自動車サービスに技術提供していく予定です。

#digital #energy #beyond5G #blockchain #EV #RE100 #EVNO

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る