Digitalplatformer

  1. Digital Platformer シリーズA終了、東京カンテイ、リヴァンプと業務提携

    Digital Platformer株式会社によるシリーズA、無事終了しました。また先日の東京カンテイ様に続き、リヴァンプ様とも資本提携及び協業のリリースを出しました。

  2. 2/18 ILSにてセミナー「グローバル・スタートアップの作り方」:3/14まで見逃し配信中

     2/18、虎ノ門ヒルズで開催されるILSにてセミナー「グローバル・スタートアップの作り方」を開催しました。こちらにアクセスすると見逃し配信がご覧になれます。(視聴期限 3/14まで、ILSへの登録が必要になります。

  3. ブロックチェーン、デジタル通貨・IDに関するオンライン研修プログラム「LITAエキスパート」が開講!

    ブロックチェーン、デジタル通貨・IDに関するオンライン研修プログラム「LITAエキスパート」が開講!(以下リリースより) Digital Platformer株式会社はブロックチェーン技術の基本的な構造から、ブロックチェーンがもたらすだろう未来、またそれらがどのように利活用されるかなどを分か...

  4. 北海道新聞の寒風温風にコラム「遅れる日本のデジタル化 行政効率化、分散型IDで」を書きました。

    11月25日付の北海道新聞の寒風温風にコラム「遅れる日本のデジタル化 行政効率化、分散型IDで」を書きました。 岸田政権が掲げるデジタル田園都市国家構想のなかで遅れる日本のデジタル化とその解決策としての分散型IDについて説明しています。

  5. 2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会にアドバイザーとして参画します。

    当社代表松田一敬は2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会-デジタル地域通貨WGにアドバイザーとして参加します。 以下大阪府資料より抜粋大阪府、大阪市は、経済界等と連携し、2025 年大阪・関西万博に地元大阪が出展するパビリオンを企画しています。

  6. ラオス、デジタル通貨検討 日本の新興ソラミツが支援

    SARR代表松田一敬が共同創業者であるソラミツがラオスのデジタル地域通貨を支援することになりました。日経の記事より一部引用「ラオス、デジタル通貨検討 日本の新興ソラミツが支援」東南アジアのラオスはデジタル通貨の開発検討に入った。

  7. ソラミツがシンガポールによるCBDCコンペで世界中300チームの中からショートリストに選ばれました。

    ソラミツがシンガポールによるCBDCコンペで世界中300チームの中からショートリストに選ばれました。

  8. 会津磐梯町でトクトクデジタル商品券スタート

    SARR代表松田一敬が代表取締役COOを務めるDigital Platformerが開発したLITAを活用したプレミアム付デジタル地域通貨「磐梯デジとく」がスタートしました。

  9. Digital Platformerが東海東京ファイナンシャル・ホールディングスと業務資本提携、また会津磐梯町でデジタル地域通貨ローンチを発表

    1. Digital Platformerが東海東京ファイナンシャル・ホールディングスと業務資本提携、また会津磐梯町でデジタル地域通貨ローンチを発表デジタル地域通貨及び分散型デジタルIDのプラットフォーム提供のDigital Platformer株式会社(以下DP、SARR代表の松田一敬が4...

  10. コラム「新型コロナ環境下で変わる世界 移動制限下で増す仮想空間での経済活動」が北海道新聞に掲載されました。

    1/20、北海道新聞「寒風温風」にコラム「新型コロナ環境下で変わる世界 移動制限下で増す仮想空間での経済活動」が掲載されました。北海道新聞電子版に登録すれば記事本体も読めます。(掲載コラムより引用)新型コロナウイルス感染拡大を受け、関東と関西などで緊急事態宣言が発令された。

ページ上部へ戻る