支援先ニュース

  1. RFルーカスが”LOCUS JOURNAL”をスタート

    支援先であるRFルーカスが現場の生産性向上を実現する先進テクノロジーを紹介するサイト"LOCUS JOURNAL"をスタートしました。参考になる情報がupされています。ご覧ください。

  2. RFルーカスが新たな在庫・物品管理システム「Locus Mapping」を先行リリース

    当社子会社投資先であるRFルーカス、RFIDで位置を自動取得する新たな在庫・物品管理システム「Locus Mapping」を先行リリースしました。現場の生産性を高め、人手不足を解消するロケーションテクノロジーです。

  3. ”コロナウイルス対策” メロディiCTGを使った遠隔産科健診が北海道大学で始まりました。

    北海道大学は新型コロナ対策としてメロディー・インターナショナルの分娩監視装置iCTGの使用した「オンライン妊婦健診・診療」を始めました。病院が一番の感染クラスターなので妊婦さんは健診で病院に行きたくない。メロディー使えば妊婦さんは自宅で計測して自宅に居ながら処方もされる。

  4. クラウド型交通安全管理サービス「AI-Contact(アイ・コンタクト)」

    当社子会社の投資先であるジェネクスト株式会社が展開するクラウド型交通安全管理サービス「AI-Contact(アイ・コンタクト)」。テクノロジーで安全なクルマ社会をAI-Contactは、社員が交通ルールを守っているか「見える化」し、安全運転を促進するクラウド型車両管理システムです。

  5. Melody-北海道にて産科遠隔診療プロジェクトを開始しました

    世界中のお母さんに安心安全な出産を届けることをミッションとするメロディー・インターナショナルが、北海道大学等と共同で北海道(道東、摩周湖、網走等)にて産科遠隔医療診断プロジェクト「ましゅうっこプロジェクト」を開始しました。

  6. メロディーが日本ものづくり大賞経済産業大臣賞を受賞

    当社の支援先であり、当社代表松田一敬が取締役を務めるメロディー・インターナショナルが日本ものづくり対象を受賞しました。

  7. 「日本初の『子どもの貧困調査研究コンソーシアム』を発足」について

    当社代表松田一敬がプログラムアドバイザーを務めるRISTEX「政策のための科学」の「子どもの貧困対策のための自治体調査オープンデータ化手法の研究」プロジェクトが、「日本初の『子どもの貧困調査研究コンソーシアム』を発足」についてプレスリリースを出しました。日経が取り上げてくれました。

  8. ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2019(厚生労働省)にて、メロディ・インターナショナルが「ベンチャーアワード」受賞

    【受賞】ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2019(厚生労働省)にて、メロディ・インターナショナルが「ベンチャーアワード」受賞~医療行政を司る厚生労働省による高い評価を得て、今後の医療機関へのサービス導入に拍車~(メロディー・インターナショナルは当社の支援先であり、当社代表松田一敬...

  9. Tech CrunchにRFルーカスの記事が掲載されました。

    8/20、Tech Crunch Japanにkizki1号投資事業有限責任組合の投資先であるRFルーカスの記事が掲載されました。記事のタイトルは「RFルーカス独自開発のRFIDロケーション技術、アパレルや自動車・航空機メーカーで威力を発揮」です。

  10. メロディー・インターナショナルがBaby Tech Award大賞受賞

    支援先であるメロディー・インターナショナルがBabyTechAward 妊娠部門で大賞を受賞しました。

ページ上部へ戻る