ブログ

日経BP社 Webメディア「未来コトハジメ」にアニマルヘルス・プログラムの記事が掲載されました。

日経BP社 Webメディア「未来コトハジメ」にSARRが運営している「DSPAH動物の健康を支える新規事業探索プログラム2019」の記事が掲載されました。

(記事前文より)今や家族の一員である犬や猫。飼育環境の改善により長寿化が進み、ペットにも健康寿命対策が強く求められている。大阪の老舗動物薬メーカーは、2016年から新規事業探索プログラムを開始し、オープンな姿勢で新世代のアニマルヘルスケアを開拓している。ピッチイベントを通じて、昨今のペットを取り巻く医療・健康事情を探った。(引用終わり)

掲載記事【ウェルネス社会-Vol42 生涯伴侶として暮らす動物たち 求められるヘルスケアもヒトと同じ】

日経BP社 Webメディア「未来コトハジメ ~社会課題解決のアイデアバンク~」は新たな社会づくりに挑戦する様々な領域での取り組みや技術を取り上げ、未来社会のデザインを浮かび上がらせることを目指しています。トップページはこちら

 

記事ではアニマルヘルス・プログラムをDSPAHが行なっている背景や現状、求められている技術・サービス、そしてピッチ審査に参加したチームの紹介等が書かれています。当社代表の松田一敬も写真入りで登場しています。ぜひ、お読みください。

 

アニマルヘルス・プログラム(「DSPAH 動物の健康を支える新規事業探索プログラム2019」)についてはこちらを参照ください。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る