ブログ

8/21「第2回 大阪におけるいのち輝く未来社会の共創ー「ブロックチェーンによるデジタル地域通貨・デジタル個人認証がもたらす多産業融合による新たな街の可能性」

8/21大阪商工会議所主催「第2回 大阪におけるいのち輝く未来社会の共創」(テーマ:ブロックチェーンを使ったデータの多分野での連携と多様化への対応の可能性、社会実装へのプロセスを考える)にSARR代表松田一敬が登壇します。松田の講演タイトルは「ブロックチェーンによるデジタル地域通貨・デジタル個人認証がもたらす多産業融合による新たな街の可能性(仮)」です。ぜひご参加ください。

(以下、大阪商工会議所の案内より引用)

■□■===============================================================
オンラインセミナーシリーズ
8/21「第2回 大阪におけるいのち輝く未来社会の共創」

===============================================================■□■
大阪においては、うめきた2期や万博・夢洲など、人々の心身の健康、
ウエルネスをコンセプトの一部とした、街づくりやグローバル・シ
ーケースのプロジェクトが進行中です。一方で、新型コロナウイル
の感染拡大に伴い、人々の健康管理のみならず、日常生活の在り方
価値観が急激に変化し、ライフスタイル・ワークスタイルは多様化し、
既存の企業や行政が提供するサービスの多くが見直される必要に迫
れたほか、街の機能のスマート化に対する期待・需要が高まってい
す。こうした中、未来社会で求められるスマートウェルネスシティ
モデルケース創成を、企業の皆様とともにめざしたいと考えており
大商は、うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協
議会事業と連携しオンラインセミナーシリーズ「大阪におけるいの
輝く未来社会の共創」を企画しました。

7月22日に開催した第1回セミナーでは、慶應義塾大学 宮田教授、
大阪大学 妙中教授により、コロナ禍により不可逆に変化、多様化し
た社会的価値をデータの活用によって可視化、共有し、そして互い
高め合っていく社会モデルづくり、そして『いのち輝く』の基本で
る健康に関して医療とシームレスに連動することで、個人に寄り添
たサービスを提供できることへの可能性と課題について議論されま
た。

第2回目となります今回は、社会モデルから、技術・規制環境面に
議論の焦点を移し、ブロックチェーンを使ったデータの多分野での
連携と多様化への対応の可能性、社会実装へのプロセスを考える上
の課題を、内閣府バイオ戦略有識者委員で弁護士の吉澤氏と、Digital
Platformer取締役でソラミツ株式会社の共同創業者である松田氏を
お迎えして議論して参ります。

■日 程:2020年8月21日(金)13時20分~15時00分(予定)

■実施方法:オンラインセミナー(ZOOMウェビナー、YouTube Live)
※参加URL等は参加者申込者にお送りします。
■主 催:うめきた2期みどりとイノベーションの融合拠点形成推進協議

■共 催:大阪商工会議所 MDF デジタル医療分科会
在日米国商工会議所ヘルスケア委員会

■参加費:無料

■プログラム(予定):
◆事務局より趣旨説明
◆講演(1)「ヘルスケアにおけるDXの世界動向とスマートシティへの実装(仮)」
内閣府バイオ戦略有識者委員 弁護士・ITストラテジスト 吉澤 尚氏
◆講演(2)「ブロックチェーンによるデジタル地域通貨・IDがもたらす新たな可能性(仮)」
合同会社SARR代表社員、Digital Platformer株式会社取締役・CSO
ソラミツ株式会社共同創業者&特別顧問  松田 一敬氏
◆ディスカッションQ&Aセッション
◆第3回のご案内・閉会

申し込み方法等詳細:下記HPをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[お問い合わせ先]
大阪商工会議所 産業部 ライフサイエンス振興担当
Tel:06-6944-6484、E-mail:bio@osaka.cci.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る