ブログ

5/26開催「BGVによるシリコンバレーとグローバルテック・スタートアップの動向 ~ローコード・ノーコード、DevOps(システム開発)の展望とレガシーシステムの近代化~」

5/26,セミナー開催します。ぜひご参加ください。

「BGVによるシリコンバレーとグローバルテック・スタートアップの動向 ~ローコード・ノーコード、DevOps(システム開発)の展望とレガシーシステムの近代化~」

詳細

日本中でDXが叫ばれています。岸田内閣もデジタル田園都市国家戦略を掲げ、日本中デジタル化待ったなしです。こうしたデジタル化を支えているのはスタートアップの技術とサービスです。シリコンバレー・インド・イスラエル・欧州に拠点を持つVCであるBGVが、最近の動向、そしてどのようなスタートアップに注目しているかについて話します。さらに、今あるレガシーシステムをどのように近代化していけばいいのか、プロセスマイニング、DXの有効活用、また最近流行りのローコード・ノーコードの世界的事例と日本における展望について話します。特に日本ではどんなシステムを開発するか、導入時に注意を払うものの、作った後にシステムをどのように活用し、どう評価するか、経営に生かすかに関して十分な注意が払われていません。そうした課題について事例説明の上、解決策について議論をしたいと思います。

今後DXをすすめる企業、行政、そして投資機会を探る投資家、事業会社には必見です。

\こんな方におすすめです/
・グローバルなスタートアップ動向に興味ある事業会社、VC、スタートアップの方
・DXの活用方法・評価などの具体的な事例を知りたい方
・ローコード、ノーコードに興味ある方

【登壇者】


坂本大
所属:BGV Japan Advisory Partner
39年の駐米経験を通して、環太平洋地域における事業戦略構築、ベンチャー投資、ビジネスインキュベーション、クロスボーダーM&A・事業提携などに取り組む。日米双方で数々の会社のボードメンバーや顧問を務めるなど、現在はシリコンバレーでBGV(別途ご紹介)の日本アドバイザリーパートナーとしてポートフォリオ会社の日本市場参入やエンジェル投資家としてユニコーンを含むクラウド、ブロックチェーン、ロボット、MaaS、代替肉などのスタートアップへの投資活動に従事。慶應義塾大学経済学部およびハーバード大学MBA卒。


岩田浩一
所属:Pyzeコンサルタント
SCM業務コンサルタントとして国内外のプロジェクトに従事し、TableauやANAPLAN等の導入をご支援。2018年よりアメリカに移住し、欧米スタートアップ企業の日本進出のご支援を実施。ブロックチェーン、デブオプス、プロセスマイニング、セールスフォース等の領域に関心があります。東京大学薬学研究科修士課程修了


Cesar Sison
所属:OutSystemsジャパン・リージョナルチャネルマネージメント本部長
20年に渡りSAP、I2、SSAグローバルを含むいくつかの有力なグローバル・サプライチェーン・ソリューション会社の日本の業務を経験、サービジスティクス・アジアKKのアジア太平洋担当執行副社長、音声指示作業ツールの世界リーダーであるボコレクト(Vocollect)の日本代表を経て現職。シソン氏は流通業務と供給チェーンのソフトウエア・ソリューションの専門知識のほかに、日本の大手システムインテグレーターとの戦略的事業関係、日本の多くのトップ小売業、運送業、第三者ロジスティックス企業とのエンドユーザー・クライアント関係に強みを持つ。


モデレータ:
松田一敬
所属:合同会社SARR 代表執行社員/BGV Japan Advisory Partner
デジタル地域通貨&分散型ID提供のDigital Platformer代表取締役COO。世界標準のブロックチェーン開発のソラミツ共同創業者。産科遠隔診断のメロディー・インターナショナル取締役。2000年日本の地域ファンドの先駆けである北海道VCを設立。以来、バイオ、遠隔医療、自動運転&新交通システム、環境等のスタートアップを支援。大学発ベンチャー第1号を手がける等大学等の研究成果の事業化と地域活性化を得意とする。
2011年合同会社SARR設立、京都リサーチパーク(株)と共同でアクセラレータ運営。Benhamou Global VenturesにてJapan Advisory Partner。神戸大学科学技術イノベーション研究科客員教授。慶應大学(経)、INSEAD(MBA)、北海道大学(医学博士)

【概要】

・日時:2022年5月26日 (木) 13:00~15:45 (JST)
・方式:会場参加、オンライン参加
視聴リンク提供:開催日前日目途にお申込みの方に視聴用URLを送付
・会場:京都リサーチパーク 東地区1号館4階G会議室
京都市下京区中堂寺南町134
・定員:会場参加30名
オンライン70名
・参加費:無料
・言語:日本語
・主催:合同会社SARR
・協力:Benhamou Global Ventures(BGV)、京都リサーチパーク株式会社(KRP)

Pyze社概要(パイズ:https://www.pyze.com/)
2013年に設立されたシリコンバレーに拠点を置くスタートアップ企業であり、現在、欧米の企業を中心に業務改善・最適化及びデジタルトランスフォーメーションの推進をご支援するソリューション(プロセスインテリジェンス)を提供。日本への展開も開始し、日本企業様とのPoCを複数実施。

OutSystems社概要(アウトシステムズ https://www.outsystems.com/ja-jp/
(注:本紹介はSARRが公開情報から作成しており、OutSystems社が監修したものではありません。詳細は同社URLをご覧ください。)
OutSystemsは、アプリケーション開発から保守運用までを一つのプラットフォームで提供する超高速開発基盤で、トヨタ、LIXIL等国内および海外ともに多くの導入実績を持っています。コードを書くことなくビジュアルにアプリケーション開発ができ、バージョン管理やパフォーマンス分析などのライフサイクルサポート機能を備えています。また、Webアプリケーションだけでなくオフライン機能などを活用した高度なモバイルアプリケーションの開発も可能となっており、企業のデジタル化や内製化をサポートします。Forresterのローコード・プラットフォームカテゴリでNo.1評価を誇る超高速開発基盤です。OutSystemsはOutSystems S.A.の登録商標です。Copyright © 2022 OutSystems S.A. All Rights Reserved.

BGV社概要(Benhamou Global Ventures https://benhamouglobalventures.com/

BGVはシリコンバレーやイスラエル、インド、フランスに拠点をもつシード・アーリーVCです。BGVは海外の優れた案件を発掘し、シリコンバレーのエコシステムに入れ込むことを得意とし、またB2Bに特化しています。最近ではAI当たり前の世の中におけるAI Ethicsに力を入れています。そしてカーボンニュートラルに注目が集まる中、イスラエルにイノベーション庁と共同で設立されたClimatecアクセラレータNet ZreroにはBGVのメンバーがCEOに就任しています。日本からの案件発掘にも期待しています。BGVの創業者兼ゼネラルパートナーであるEric Benhamouは、インターネットの火付け役である3COM社をCEOとしてフォーチュン500企業まで育て上げたほか、スマートフォンの元祖である製品を生み出したパームコンピューティング社のCEOを務めた輝かしい経歴を持つ人物として知られています。シリコンバレー銀行や、サイバーセキュリティで著名なイスラエルのベングリオン大学のボードメンバーを務めています。BGV強みとする領域は、AIやIoT、モビリティ、サイバーセキュリティ、スマートファクトリ―などのEnterprie4.0、デジタルトランスフォーメーション(DX)です。
過去にKRPで開催したセミナー https://sarr-llc.com/product/bgv-krp20201029report_jp/

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る