ブログ

デジタル通貨ウォレットからオンラインで保険加入する仕組み構築~ Digital Platformerと東京海上日動 業務提携 ~

デジタル通貨ウォレットからオンラインで保険加入する仕組み構築~ Digital Platformerと東京海上日動 業務提携 ~

SARR代表松田一敬が共同創業者であるDigitalPlatformer社と東京海上日動の協働に関するリリースを出しました。DP社はブロックチェーンを使ったデジタル地域通貨とデジタルIDを全国に広め、地方のDXを推進する基盤を提供していくことを目的としています。例えばこれまで現金、銀行振込に限られていた給料の支払いがデジタルマネー、電子マネーでもできるようになります。かなり大きな変化が到来、その受け皿を提供出来ればと思っています。
また日経新聞にも取り上げてもらいました。

(以下リリースより)

来たるデジタルマネーでの給与支払い解禁に対応するため、ソラミツ株式会社のオープンソース・ブロックチェーン「ハイパーレジャーいろは」を使用し、様々な金融サービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するLITAプラットフォームを低コストで提供するDigital Platformer株式会社(代表取締役社長:山田芳幸、本社:東京都新宿区、以下DPという)は東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長:広瀬伸一、本社:東京都千代田区、以下東京海上日動という)と業務提携を結びました。東京海上日動とDPの提携により、LITAを通じて金融機関が発行するデジタルマネーを使ってウォレットから簡単に保険加入できる仕組みを構築し、「誰でも気軽にファイナンシャルサービスを受けられる社会の実現」を目指します。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る