ブログ

第22回事業創出サロン【テーマ:メガ・ファーマのオープンイノベーション】

今回のテーマは「メガ・ファーマのオープンイノベーション」です。これまで事業創出サロンでは有望なシーズの事業化について具体的なテーマをあげて議論をしてきましたが、シーズの事業化のためには大企業とのアライアンスが非常に重要な役割を果たします。そこで今回は、そのシーズを導入する側として世界的な大手製薬企業であるMSD(旧米国メルク)のライセンス担当の方をお招きして外部からの導入についてお話いただきました。MSDはオープンイノベーションに最も積極的な製薬企業として知られており、現在販売している品目の50%以上が導入品であり、さらにこの比率を高めようとしています。創薬だけではなく、実験機器、診断薬、その他基礎研究についても積極的に導入を行っています。本年もヤマサ醤油とHIV治療薬に関しライセンス契約を締結しています。
中味の濃い、実践に即した説明の後、製薬企業、その他メーカー、大学発ベンチャー、起業家予備軍などの面白いメンバーによる活発な議論が行われました。

開催日時 平成24年11月9日 14:00〜16:00
開催場所 京都リサーチパーク 東地区1号館2階 220号室
講演者 佐藤 知子氏 (MSD株式会社 エクスターナル・サイエンティフィック・アフェアーズ シニアディレクター )
木下 正行氏(コーポライセンシング・ディレクター)
内  容 ■MSD(旧米国メルク)のオープンイノベーション 〜関心のある分野、外部との連携、導入戦略
■導入事例の紹介
■バイオベンチャーならびに大学研究室とファーマの出会い・契約交渉のポイント

【講師ご略歴】

佐藤知子氏
理学博士  MSD株式会社 エクスターナル・サイエンティフィック・アフェアーズ シニアディレクター
(略歴)
2012年1月〜     現職
2003年〜2012年1月  バイエル薬品事業開発・ライセンス統括部長
〜2003年       日本ロシュ株式会社 鎌倉研究所リサーチサイエンティスト
木下正行氏
コーポレート・ライセンシング・ディレクター
(略歴)
2007年4月~   現職
1999年~2007年  三菱東京製薬株式会社、三菱ウェルファーマ株式会社 ライセンス部長
1971年~1999年  三菱化成(現三菱化学)中央研究所研究員、本社医薬海外部長

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る