ブログ

8/26に健康長寿創出セミナー(株式会社メディシンク主催)で登壇

8/26 第1回健康長寿創出セミナー(株式会社メディシンク主催)で登壇いたします。
地域医療のあり方、またヘルスケアIT等医療現場と開発商品を
どのようにつないでいけばいいか、いろんな側面から考えてみたいと思います。

ぜひ、お越し下さい。
【8月26日】第1回健康長寿産業創出セミナー(株式会社メディシンク主催)

セミナーの詳細・申込はこちら
(「セミナーをお知りになった経緯」には
「その他SARRの紹介」と書いてください)

【テー マ】
1: 超高齢化時代のヘルスケアビジネスの突破口
2: 地域医療現場とヘルスケア企業との連携ポイント

【開 催日時】
2014年8月26日(火)13-17時

【場 所】
新日本有限責任監査法人セミナールーム 日比谷国際ビル3F

【第一部】
「超高齢化時代のヘルスケアビジネスの突破口」「超高齢化時代のヘルスケアビジネスの突破口」
ITやテクノロジーのベンチャー企業から大手企業まで、参入目覚ましいヘルスケア市場ですが、
「技術・素材の先進性」と「操作・習慣の簡便 性」のギャップが市場拡大のボトルネックに
なりつつあります。そこで、高齢者に向けたサービスや商品を展開する上での表現や操作性への
配慮、さらには商品開発ニーズを発掘するポイントについて、「中山間地」を対象としたモニタ
リング調査プロジェクトを始めた「豊田市足助地区」の事例を交えてご講演いただきます。
さらには、ヘルスケア市場にベンチャーや中小企業が狙っていくべき事業・分野及び注意点等
について、登壇者とともにディスカッションを行い 掘り下げていく予定です。
司 会:川井真 (JA共済総合研究所 主席研究員)
13:00ー:真野俊樹
多摩大学 医療・介護ソリューション研究所 所長・教授
名古屋大学医学部医学科客員教授、東京医療保健大学大学院客員教授
財団法人医療機器センター客員研究員 兼任

13:30ー:早川富博
足助病院 院長・日本農村医学会理事長
専門分野:消化器内科(胆道・膵)、在宅医療、高齢者医療、地域連携、ICT

14:20ー:藤井健志
株式会社カネカ QOL事業部幹部職 理学博士

14:50: 1部終了

【第二部】
「地域医療現場とヘルスケア企業との連携ポイント」
地域医療現場で企業が連携していく上でのステップや事業、サービスを展開していく上での
配慮すべき点、さらにはヘルスケアベンチャーや企業 が狙っていくべき事業分野について、
登壇者と共にディスカッションを行います。

15:00ー:松田一敬
合同会社SARR代表
立命館大学テクノロジー・マネジメント研究科非常勤講師(ライフサイエンス事業戦略担当)

15:30ー:パネルディスカッション
モデレーター: 八 村大輔 (株式会社メディシンク 代表取締役)
パネラー:早川富博、川井真、藤井健志、松田一敬

※ 調整中の内容のため、予告なく変更する場合があります。

【対象者】
・ ヘルスケア市場向けの商品(飲料・食品含む)メーカーの開発及びマーケティング担当者
・ ヘルスケア関連ベンチャー
・ 大手企業の新規事業セクション、カーブアウト予備軍

【定 員】
先 着100名

【費 用】
セミナー:6,000円(税込)  *当日セミナー参加は7,000円 (税込)
セミナー+懇親会:9,000円(税込)

◎ 振込先:
・ 銀行名:三菱東京UFJ  ・支店名:青山  ・預金種別:普通
・ 預金口座名:カブシキガイシャメディシンク
・ 口座番号:4729170

◎ 申込期限:
2014年8月21日 (木)13時まで

※ 支払後のキャンセルはお受けできませんので、予めご了承ください。
※ 請求書や領収書が必要な場合は申込フォームのコメント欄にその旨ご記入ください。

【共 催・協力】
主 催:株式会社メディシンク
後 援:一般社団法人 JA 共済総合研究所、JA愛知厚生連 足 助病院
協 力:株式会社カネカ、合同会社SARR、新日本有限責任監査法人(会場協力)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る