ブログ

RFルーカスが新たな在庫・物品管理システム「Locus Mapping」を先行リリース

当社子会社投資先であるRFルーカス、RFIDで位置を自動取得する新たな在庫・物品管理システム「Locus Mapping」を先行リリースしました。

現場の生産性を高め、人手不足を解消するロケーションテクノロジーです。

 

(以下リリースより)
RFIDの位置特定技術で現場の効率化を目指すRFルーカス株式会社は、在庫・物品の位置を自動取得してデジタルマップ上に表示できる「Locus Mapping」を2020年2月1日に先行リリースしました。アステラス製薬株式会社、株式会社ジップなど大手企業3社に先行導入を開始します。また、JR東日本スタートアップ株式会社のスタートアッププログラムにて、東日本旅客鉄道株式会社の横浜支社内での実証実験も開始しております(注1)。

(注1)「JR東日本スタートアッププログラム2019に採択、倉庫での備蓄品・保管書類の管理効率化に向けた実証実験を開始」

リリース全文はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る