ブログ

京都市に新しいモビリティの提案

門川市長の「さらなる挑戦2 まちに活力」- 自動運転技術などを含む新たな交通ネットワークの整備に挑戦。
という箇所があります(下図参照)

‪この交通政策、特に新しいモビリティの部分、京都市のお手伝いをしています。京都に快適かつ低コスト、ワクワクする未来型の都市新交通システムであるARPTを導入し、渋滞やオーバーツーリズムの交通問題、バス運転士不足問題を解決するという提案内容です。昨年度は予備調査も行っています。‬

ARPT (次世代型Rapid Personal Transit)
(昨年度の報告書)

1895年、日本で最初に市電を導入したのは京都。それから125年。全く新しい交通システムを導入して未来につなげる役割を果たし、エコ、スマート、MaaSで世界の先端を走りたいですね。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る