ブログ

11/9開催  アニマルヘルス分野で求められる事業は何か~AI、IoT、デジタルヘルス、早期診断、革新的検査法のニーズ~

課題やニーズを解決しうる技術・サービスを有する事業者またはその支援を行うVC、アクセラレータ、支援機関の方を対象
合同会社SARRではDSファーマアニマルヘルス株式会社(以下、「DSPAH」)と共同で、2016年から「動物の健康を支える新規事業探索プログラム」を運営しています。近年、犬や猫などのペットは「コンパニオンアニマル」と称され、家族の一員としての認識が強まる一方、長寿命化に伴い癌や認知症などに罹患したり、寝たきりになって介護を要したりするケースが増加しています。

そこで出番となるのが獣医師ですが、アニマルヘルスの現場は以下のような課題やニーズで溢れています。

‧ ほとんどの動物病院は総合診療であり、診療科も動物種も問わず診察をしなくてはならないため、診断を支援する技術が欲しい
‧ 動物は自分で症状を説明できないため、どこが悪いのか、どの程度ひどいのかを知るための技術が欲しい
‧ 巨額な医療コストをかけずに早期段階や未病の段階から病気を検知したい

そこで本セミナーでは、これらの課題やニーズを解決しうる技術・サービスを有する事業者またはその支援を行うVC、アクセラレータ、支援機関の方を対象に、DSPAHの新規事業部長を務める永原氏からアニマルヘルスの現状や本プログラムの概要についてご説明いただくとともに、求められるビジネスなどを共に議論する場にできればと考えております。

例年、本プログラムの過去の受賞企業からは、AIを活用した診断・治療の新規ビジネスなどが創出されています。あらゆる分野の技術との融合で新たな価値を生み出していきたいと考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしています。

⽇時

2021年11月9日 (火) 16:00−17:30

場所

リアル、オンライン(Zoomウェビナー)のハイブリッド開催
リアル会場:京都リサーチパーク KISTIC2階 イノベーションルーム
(対象:課題やニーズを解決しうる技術・サービスを有する事業者またはその支援を行うVC、アクセラレータ、支援機関の方)

ご来館時の注意 (必ずご確認ください。)

以下の方はご来館をご遠慮いただきますようお願いします。
① 軽度であっても、風邪のような症状(発熱、咳、咽頭痛など)がある方
② 国内外において、新型コロナウイルス感染症が疑われる方と長時間の接触があった方
③ 過去2週間に政府の入国制限、入国後観察期間が設定されている国・地域への渡航歴のある方

当日はマスクを着用の上、こまめな手洗い・手指消毒にご協力くださいますようよろしくお願いします。
※新型コロナウイルス感染拡大に応じて、オンライン開催のみへと変更する場合がございます。ご了承ください。

内容

1. イントロダクション
松田一敬氏  合同会社SARR 代表執行社員

2. 話題提供
【講師】永原俊治氏  DSファーマアニマルヘルス株式会社
新規事業部長兼池田動物細胞医薬センター長
【テーマ】「アニマルヘルス分野の現状ならびにビジネスチャンス」
~AI、IoT、デジタルヘルス、早期診断、革新的検査法のニーズを探る~[MW1]

3.「動物の健康を支える新規事業探索プログラム」の紹介

4. 参加者ディスカッション、Q&A

主催・協力

主催: 合同会社SARR
協力: 京都リサーチパーク株式会社

参加費

無料

定員

リアル会場・・・20名程度
オンライン・・・50名程度

お問い合せ

合同会社SARR(担当:松田・渡邊)
TEL:075-925-5722 FAX:075-925-5766
E-mail:sarr-info@sarr-llc.com

DSファーマアニマルヘルス株式会社について

DSPAHは、動物たちの健康を支えることで、人々の笑顔あふれる暮らしに貢献する企業として、2010年7月に大日本住友製薬株式会社の事業部門から分社化し、設立された研究開発型の動物用医薬品等の製造販売会社です。(大日本住友製薬㈱の100%子会社)

70余年に及ぶ動物薬事業を通じて培った経験と実績を基礎に、人と動物の絆を支える「コンパニオンアニマル事業」、人々の豊かな生活を支える「畜水産事業」、100%出資の動物専門臨床検査会社(マルピー・ライフテック株式会社)を通じて、確定診断に必要不可欠な「臨床検査事業」を展開しています。

DSPAHは、DNAワクチン、動物種のグレリン、間葉系幹細胞製剤の開発など、革新的な医薬品の開発を進め獣医療の進歩に貢献するとともに、精度の高い検査法の開発や従来にない新たな検査の導入など、様々な事業展開を推し進めています。また、動物薬の総合メーカーとしての豊富な知見を活かした、獣医療関係者向けの技術的・学術的なサービスやペットオーナー様まで視野に入れた各種の情報提供を行っています。

日本全国の獣医療関係者とのネットワークなど、アニマルヘルス領域において事業展開を図る強固な基盤を有しておりますが、動物の健康を支えるために、先進的な技術やアイデアを有する大学・研究機関・企業のシーズを探索し、DSPAHグループの経営リソースと融合させることで、新たな価値創出と早期事業化に向けた検討を進めたいと考えています。本プログラムの取り組みにより、動物の健康に関連する新たなビジネス機会の創出や、より多くの皆さまが当社に関心を持っていただくことを期待しています。

詳細はホームページをご覧ください。

【プライバシーポリシーについて】
お預かりした個人情報につきましては、主催者・協力・運営メンバー間で共有致します。
個人情報保護方針は各機関の定めるプライバシーポリシーに準拠し取り扱います。
(京都リサーチパークのプライバシーポリシーはhttps://www.krp.co.jp/privacy/を参照ください)

  • 11/9開催  アニマルヘルス分野で求められる事業は何か~AI、IoT、デジタルヘルス、早期診断、革新的検査法のニーズ~ はコメントを受け付けていません
  • animal health, DSPAH startup comp, kizki PITCH

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る