お知らせ

10.32020

SARR近況報告その8(令和2年10月3日号)

皆様いかがお過ごしでしょうか?
1日は中秋の名月でした。秋分もすぎ、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、一気に涼しくなりました。もう10月、これから寒い季節が始まります。新型コロナの影響で途絶えていた人手も戻ってきましたが、経済指標を見る限りしばらくは厳しい状況が続きそうです。
前回に続き、SARRの近況をお伝えします。

本日の内容
1.デジタル地域通貨発行プラットフォームのDigital Platformer、東京海上日動との協働をプレスリリース
2.10/9(金)10(土)開催のInnovataion Gardenにモデレータとして4つのセッションに登壇します。
3. 10/19(月)開催のHVCKYOTO ヘルスケアコンファレンスにスタートアップ・ピッチのモデレータとして参加します。
4.(予告)DSPAHアニマルヘルス・プログラム2020、もうすぐ募集開始です。
5. 準天頂衛星みちびきを活用した交通安全防止システムのGENEXTがスマホだけでシステム導入可能なアプリを販売開始
6. (予告)10/29「シリコンバレー・イスラエルにおけるスタートアップの動向」セミナーを開催します。
7.  自閉症治療薬開発のスカイシー・ファーマが日中イノベーション交流会にてピッチ。
8.  産科遠隔診断のメロディー・インターナショナルがJICA中小企業・SDGsビジネス支援事業(対象国:ミャンマー)に採択されました。

1.デジタル通貨ウォレットからオンラインで保険加入する仕組み構築~ Digital Platformerと東京海上日動 業務提携 ~
SARR代表松田一敬が共同創業者であるDigitalPlatformer社と東京海上日動の協働に関するリリースを出しました。DP社はブロックチェーンを使ったデジタル地域通貨とデジタルIDを全国に広め、地方のDXを推進する基盤を提供していくことを目的としています。
例えばこれまで現金、銀行振込に限られていた給料の支払いがデジタルマネー、電子マネーでもできるようになります。
かなり大きな変化が到来、その受け皿を提供出来ればと思っています。東京海上日動とDPの提携により、LITA(利他)を通じて金融機関が発行するデジタルマネーを使ってウォレットから簡単に保険加入できる仕組みを構築し、「誰でも気軽にファイナンシャルサービスを受けられる社会の実現」を目指します。
日経新聞にも取り上げてもらいました。

2.10/9(金)10(土)開催のInnovataion Gardenに当社代表松田一敬がモデレータとして4つのセッションに登壇します。
Innovation Gardenの詳細・タイムテーブルはこちらを参照ください。
モデレータを務めるセッションは以下の通りです。

①10/9 10:00-11:00AM Aging 「豊かな身体とウェルビーイング」
ウエルビーイングの石川先生、ユカイ工学(ロボット)、ニューロスペース(Sleeptech)のメンバーでウエルビーイングって何?というテーマについて議論します。
②10/10 12:00-13:00PM
New-Economy 「DXでポストコロナのビジネスはどう変わるか? (スピーカー&モデレータ)
DXを推進している企業、そしてデジタル地域通貨のDigital PlatformerがポストコロナのDXについてイメージ出しをします。
③10/10 1430-1530pm
Japanese Innovation「サスティナブルソーシャルビジネス」
天然物、廃棄物等の有効活用、新しい素材開発(スマートセル等)、新しい食糧の供給などについて議論します。
④10/10 19:00-20:00PM
Aging「拡張する身体と多様化するヘルスケア」
能楽師の安田登さん、Xiborg(サイボーグ)、トリプルダブリュー(排泄予知)のメンバーが、拡張する身体とヘルスケアの今後どうなっていくか、意見を交わします。
是非、ご参加ください。
注:一部未定の登壇者(企業)についても確定次第、上記ウエブにupされますのでご確認ください。

3. 10/19(月)開催のHVCKYOTO ヘルスケアコンファレンスに当社代表松田一敬がスタートアップ・ピッチのモデレータとして参加します。
当日は国内・海外のヘルスケアの動向、バイオテック・スタートアップのピッチが行われます。
オンラインでの開催となります。是非ご参加ください。(コンファレンスは英語で行われます)
詳細・参加申込

4. (予告)DSPAHアニマルヘルス・プログラム2020、もうすぐ募集開始です。
10月中旬から今年度のプログラムの募集を開始します。またアニマルヘルス・ビジネスに関するセミナーも開催します。募集要項、セミナー案内は今月中にupできる予定です。応募を考えておられる方は準備お願いします。
昨年の「DSPAH動物の健康を支える新規事業探索プログラム2019」については日経BPWebメディア「未来コトハジメ」に記事が掲載されています。

5. 準天頂衛星みちびきを活用した交通安全防止システムのGENEXTがスマホだけでシステム導入可能なアプリを販売開始
当社投資先であるGENEXTのアプリが「交通事故ゼロを目指す日プロジェクト」に採択されました。
本件のリリースはこちら:「交通違反を検知し事故を防止できるスマホアプリ、9月30日「交通事故死ゼロを目指す日」に提供開始」
(以下引用)
「AI-Contact」は、準天頂衛星「みちびき」を活用した高精度の位置情報と、全国の標識情報データベースを照合させ、社用車の交通違反を可視化する企業向け事故削減サービスです。2018年からサービスを開始しており、導入企業では例年40件以上の事故があったところが導入後0件になったり、自動車保険料が1億円以上のコストカットにつながったりするなどの効果を上げています。
これまで、専用の車載端末を購入・設置していただく必要がありましたが、今回の「AI-Contact モバイル」の開発により、スマホアプリをインストールするだけで利用することができ、導入企業の端末購入費用をなくし、運用開始までの準備期間も大幅に短縮されます。

6. (予告)10/29(木)10:30-12:30「シリコンバレー・イスラエルにおけるスタートアップの動向」セミナーを開催します。
(主催:京都リサーチパーク株式会社&合同会社SARR)
本セミナーでは、アメリカのシリコンバレーやイスラエルなどの各国に拠点を持ち、シード~アーリーに投資を行うBenhamou Global Ventures(以下、BGV)の事業内容及び今後のテクノロジートレンドについてご紹介します。また、次世代のビジネス革新であるEnterprise4.0の潮流や昨今の諸外国のスタートアップについてもお話いたします。スタートアップのピッチもあります。

詳細についてはこちら

7.  自閉症治療薬開発のスカイシー・ファーマが日中イノベーション交流会にてピッチしました。
オフラインとオンラインが結合した日中イノベーション企業交流会(主催:日中経済協力会及び上海市外国投資促進センター)が9/25、上海市及び東京で開催されました。ブロックチェーン、新エネルギー自動車、バイオ医薬の企業、支援機関がプレゼンテーションを行いました。当社投資先であるスカイシー・ファーマ(自閉症治療薬開発)及び当社代表松田一敬が共同創業者であるソラミツ(ブロックチェーン開発)もピッチを行いました。
イベント紹介記事

8.  産科遠隔診断のメロディー・インターナショナルがJICA中小企業・SDGsビジネス支援事業(対象国:ミャンマー)に採択されました。
ミャンマーの母子死亡率低減によりSDGs実現に貢献し、ビジネスの可能性を調査するために、JICAや日本の諸機関、及び現地政府やパートナーと共同で取り組みます。

以上、SARR近況報告でした。

本日取り上げた内容に関し、ご興味のある方、質問等ある方はいつでもご連絡ください。

過去の記事

  1. 11.282020

    SARR近況報告その9(令和2年11月28日号)

    皆様いかがお過ごしでしょうか?師走の足音が聞こえる今日この頃、秋も深まり、紅葉もピークを過ぎまし...

  2. 11.112020

    12/12〆切まであと1ヶ月!- 動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020募集受付中

    動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020 : 12/12〆切まであと1ヶ月!...

  3. 10.32020

    SARR近況報告その8(令和2年10月3日号)

    皆様いかがお過ごしでしょうか?1日は中秋の名月でした。

ページ上部へ戻る