お知らせ

4.232021

SARR近況報告その11ー設立10周年のご挨拶(令和3年4月25日号)

皆様いかがお過ごしでしょうか?

当社は本日で設立10周年になりました。東日本大震災をきっかけに京都に移り、Science, Art & Research for Reconstruction (SARR)という名前で、日本の復興を科学技術・アートからサポートしようという趣旨で当社を立ち上げてからもう10年です。これまで同様、引き続きよろしくお願いします。
新年度に入り最初の近況報告です。鴨川では桜の季節が過ぎ、ツツジ、菜の花、レンギョウ、小手毬などたくさんの花が咲き、今年は昨年に比べ明るい一年になりそうだと期待していましたが、残念ながら新型コロナウイルス感染第4波によりまた緊急事態宣言発令になりました。人々の移動が制限され飲食、観光はじめ多くの産業が影響をうけ、またメンタルヘルスが悪化、ウエルビーイングの低下が懸念されます。
そのような環境下ですが、今年度もJAXA s-booster、フェニクシー、NEDO-NEP、大阪商工会議所Xport等のメンターを引き受けました。引き続き世の中を元気にする、そして社会不安の解消につながるようなスタートアップを応援していきたいと思います。
さらに最近はレジリエンスジャパン協議会(企業版ふるさと納税)、国土強靭化計画、そして自治体のスマートシティ、スーパーシティに関連する仕事も増え、スタートアップの支援だけでなく、地域を元気にする活動も続けていきたいと思います。

本日の内容
1. Digital Platformerが東海東京ファイナンシャル・ホールディングスと業務資本提携を発表、会津磐梯町がデジタル地域通貨ローンチを発表、仙台市・東北大学スーパーシティ提案を提出、DPも参加
2. GF技研が株式型クラウドファンディングを活用して資金調達
3. シリコンバレー発マーケティングDX、MarTECHセミナー開催
4. ILS TokyoにてDevOpsセミナー開催
5. アルツハイマー早期診断薬・治療薬開発のALZMEDがNEDO-NEPに採択
6. RFルーカスが資金調達
7. メロディー・インターナショナルがタイ国のFDAライセンス取得
8. JAXA s-Boosterでは宇宙ビジネスアイデアを募集中(5/20〆切)
9. 元ソニー会長の出井伸之氏がソラミツ顧問に就任
10. JST-RISTEX「科学技術イノベーション政策のための科学」”Policy Door”の紹介

1. Digital Platformerが東海東京ファイナンシャル・ホールディングスと業務資本提携、また会津磐梯町でデジタル地域通貨ローンチを発表

デジタル地域通貨及び分散型デジタルIDのプラットフォーム提供のDigital Platformer株式会社(以下DP)が、東海東京ファイナンシャル・ホールディングス株式会社と資本業務提携を発表しました。(プレスリリースはこちら
またDPは会津磐梯町におけるデジタル地域通貨の発行を開始します。(プレスリリースはこちら)   さらに仙台市・東北大学スーパーシティ構想の提案においてDPが掲載されました。そしてSARR代表の松田一敬は4/20付で同社の代表取締役COOに就任しました。

(以下リリースより)
「業務提携の目的」
世の中のデジタル化が急速に進むなか、弊社が提供するブロックチェーン技術を活用し様々な金融サービスのデジタル化を実現するLITAプラットフォームの需要は益々高くなってきております。
今回の業務提携により、東海東京フィナンシャル・ホールディングスが構築するグレートプラットフォームのベースとなる有力地方銀行や大手事業会社などのアライアンス先にLITAプラットフォームを提供することにより、
「東海東京デジタルワールド」の実現に貢献すると共にLITAプラットフォームを全国に展開し、利用者が「安心で利便性のある生活」を実感できるサービス提供に取り組んでまいります。

2. GF技研が株式型クラウドファンディングを活用して資金調達
当社投資先である株式会社GF技研がユニコーンの株式型クラウドファンディングを通じて資金調達を行いました。
同社並びに今回のクラウドファンディングの詳細はこちらをご覧ください。

3. BGV-KRP MarTECHセミナー開催
2月24日 KRPと共同で「シリコンバレー発マーケティングDX、MarTECHセミナー」を開催しました。
詳細はこちらをご覧ください。またご希望の方には当日の資料をお渡しします。

4. ILS TokyoにてDevOpsセミナー開催
3月4日 ILS TOKYOにて 「DevOpsの急速な進歩がDXを加速する!海外注目スタートアップを紹介」を開催しました。詳細はこちらをご覧ください。またご希望の方には当日の資料をお渡しします。

5. アルツハイマー早期診断薬・治療薬開発のアルメッドがNEDO-NEPに採択
SARR代表松田一敬が社外取締役を務めるアルメッド株式会社が2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」に採択されました。

6. RFルーカスが資金調達
投資先であるRFルーカス株式会社(RFIDを活用したスマートウエアハウス、スマート物流を実現)が安田倉庫株式会社を引受先とする第3者割当増資を行いました。また2021年1月25日に公開された矢野経済研究所の調査レポート「2021年版 物流テック市場の動向と将来展望:倉庫内編」に、物流テックを展開する主要プレーヤーの一社として当社が取り上げられました。

7. メロディー・インターナショナルがタイ国のFDAライセンス取得
SARR代表松田一敬が社外取締役を務めるメロディー・インターナショナルがタイ国でFDAライセンス(医療機器の認可)を取得しました。
また同社は粟島スマートアイランドプロジェクトにも参加しています。
さらに同社は今年1月、資金調達も行いました。

8. JAXA s-Boosterでは宇宙ビジネスアイデアを募集中(5/20〆切)
SARR代表松田一敬がメンターを務めるJAXA s-boosterでは宇宙ビジネスアイデアを募集しています。〆切は5/20です。ぜひご応募ください。
関連記事「s-Boosterでメンターをした「あしらせ」がグランプリを獲得」

9. 元ソニー会長の出井伸之氏がソラミツ顧問に就任
ソラミツ(SARR松田一敬が共同創業者)の顧問に元ソニー会長の出井伸之氏が就任しました。
(以下リリースより)
日本発のブロックチェーン技術で世界をリードするソラミツ株式会社(代表取締役:宮沢和正、以下:ソラミツ)は、元ソニー会長でクオンタムリープ株式会社 代表取締役会長 ファウンダーの出井伸之氏を今春より顧問に迎えました。グローバルなネットワークとプロダクト・デザインやマーケティングなどの豊富な知見を持つ出井氏をお迎えすることにより、ブロックチェーン技術の社会実装を促進し、世界の様々な社会問題解決を推進していきます。
2020年10月28日、ソラミツとカンボジア国立銀行が共同開発した世界初の中央銀行デジタル通貨「バコン」の正式運用がスタートしました。また、同年7月10日には、日本初のデジタル地域通貨「白虎」が福島県会津若松市の会津大学にて正式運用がスタートしました。これらのシステムには元々はソラミツが開発し、現在はThe Linux Foundationが管理する「ハイパーレジャーいろは」というオープンソースのブロックチェーン技術が活用されています。「ハイパーレジャーいろは」は、モスクワ証券取引所グループの証券保管振替やインドネシアのBCA銀行の本人確認システムなどでの採用実績があり、様々なアセット管理、アイデンテティ管理、サプライチェーンマネジメントに最適な、高速·大量処理を特徴としたブロックチェーン·フレームワークです。

10. JST-RISTEX「科学技術イノベーション政策のための科学」”Policy Door”の紹介
JST-RISTEX「科学技術イノベーション政策のための科学」はEBP(Evidenced based policy)の実現、科学的研究の成果を活用し、それを政策に応用することを目指し、政策立案、政策実行、政策評価に関するさまざまなプロジェクトを行っています。SARR代表松田は本プログラムのプログラムアドバイザーを務めています。
このプログラムの活動をコラム形式で紹介する”Policy Door”、今回の新型コロナに向けての数理モデルの展開、国や自治体のとった政策に関するディスカッション、スターサイエンティストが実際のビジネスにどのような影響を与えたか等、面白いテーマがたくさんあります。ぜひお読みください。

(Policy Door イントロダクションより引用)
いま私たちは変化の時代にいる。これまで存在していなかった新たな課題が次々と出現している。このような時、課題に取り組み解決していくためには、蓄積してきた科学的研究の成果を活用し、それを政策に応用することが欠かせない。だが、これまで科学的研究の成果が課題解決に活用されてきたか。残念ながら、そうとは言いがたい。科学的知見を政策策定に活かす方法、すなわち「政策のための科学」の視点が欠けていたからだ。このプログラムでは、シーズとしての科学を現実の課題解決に活用する研究に焦点を当て、そうした企画を支援してきた。POLICY DOOR で紹介するのは、その研究の成果である。これらの成果を実際の政策形成に活用することこそが新たな社会の発展を生むと考える。
(引用終わり)

今月の近況報告は以上です。
ご質問、ご意見お待ちしています。

過去の記事

  1. 4.232021

    SARR近況報告その11ー設立10周年のご挨拶(令和3年4月25日号)

    皆様いかがお過ごしでしょうか?当社は本日で設立10周年になりました。

  2. 1.262021

    SARR近況報告ー支援先企業紹介(令和3年1月26日号)

    SARR近況報告ー支援先企業紹介(令和3年1月26日号)皆様いかがお過ごしでしょうか?...

  3. 11.282020

    SARR近況報告その9(令和2年11月28日号)

    皆様いかがお過ごしでしょうか?師走の足音が聞こえる今日この頃、秋も深まり、紅葉もピークを過ぎまし...

ページ上部へ戻る