報告書

  1. 「スマートセル」のコラムを書きました。

    コラムを書きました。スマートセル(細胞が材料を生産するようになる)、令和の産業革命というテーマです。

  2. 「日本初の『子どもの貧困調査研究コンソーシアム』を発足」について

    当社代表松田一敬がプログラムアドバイザーを務めるRISTEX「政策のための科学」の「子どもの貧困対策のための自治体調査オープンデータ化手法の研究」プロジェクトが、「日本初の『子どもの貧困調査研究コンソーシアム』を発足」についてプレスリリースを出しました。日経が取り上げてくれました。

  3. Kizkiレポート「ゲノムとアイデンティティ〜ゲノムビジネスの動向」

    Kizkiレポート「ゲノムとアイデンティティ〜ゲノムビジネスの動向」をupしました。レポートのダウンロードもできます。内容は下記のようになっています。

  4. 8/29 豊岡稽古塾 ビジネスプラン・ブラッシュアップ

    毎年恒例の豊岡稽古塾。SARR代表の松田一敬がビジネスプランの作り方、ピッチの心得、そしてビジネスプランブラッシュアップを行いました。豊岡稽古塾は「平成の藩校」兵庫県豊岡市が市の将来を担う人材を育成するため、2014年から始まりました。

  5. スタートアップが直面する知的財産の課題および支援策の在り方に関する調査研究 

    SARR代表松田一敬が委員を務める特許庁「スタートアップが直面する知的財産の課題および支援策の在り方に関する調査研究」報告書が発表になりました。

  6. 「国連機関でのブロックチェーン・プロジェクトからミライの社会を考察する夜」の記事がインプレスに掲載されました.

    3/27開催された「国連機関でのブロックチェーン・プロジェクトからミライの社会を考察する夜」の記事がインプレスに掲載されました。SARR代表松田もパネリスト参加しました。

  7. 未来はブロックチェーンでどう作られるか? 「文化財のための資金」「記事の信頼性」「格差の是正」?

    ナノオプト・メディア主催のイベント「Blockchain for Enterprise 2018 ―名古屋―」が2月22日、JPタワー 名古屋ホール&カンファレンス(愛知県名古屋市)で開催され、「ミライを作るブロックチェーン産業の展望について」と題したパネルセッションに代表の松田一敬(ソラミツ取締役...

  8. 日経デジタルヘルスに「アニマルヘルス」が掲載されました。

    日経デジタルヘルス「デジタルヘルス用語」に「アニマルヘルス」が掲載され、SARR代表松田一敬のコメントと写真が掲載されました。当社とDSファーマアニマルヘルス株式会社が行っている「動物の健康を支える新規事業探索プログラム」についても触れられています。

  9. ―IoTがバリューチェーンにもたらす影響と革新的ビジネスモデルの調査研究―

    SARR代表松田が委員として参加した報告書が発表されました。

  10. ~IoT・ビッグデータ・AI等の普及・進展による雇用・労働への影響を検証~

    代表松田が委員として参加した報告書「今後の雇用政策の実施に向けた現状分析に関する調査研究事業(平成28年度)~IoT・ビッグデータ・AI等の普及・進展による雇用・労働への影響を検証~」(厚生労働省)が発表されました。

ページ上部へ戻る