執筆

  1. メディカルキャピタル、テネシー州 ─ナッシュビルとメンフィスの医療クラスター─

    JST産官学ジャーナル4月号にSARR代表松田一敬の寄稿「メディカルキャピタル、テネシー州─ナッシュビルとメンフィスの医療クラスター─」が掲載されました。

  2. アントレプレナーの経営学「戦略・起業・イノベーション」出版

    アントレプレナーの経営学「戦略・起業・イノベーション」(エリック・ポール/ジョセフ・リピューマ著)の翻訳本が出版されました。SARR代表の松田一敬が第1章「戦略」の翻訳を手がけています。

  3. 北海道新聞「寒風温風」にコラムが掲載されました。

    12/13、北海道新聞「寒風温風」にコラムが掲載されました。タイトルは「大学発ベンチャー 地域医療支援で存在示す」です。地域の医療格差問題を大学の研究開発の成果を元に立ち上がったベンチャー企業が解決し、地域医療で存在感が高まっているという内容です。

  4. 「テキサス州オースティン ―全米で最も注目を集めるハイテク都市―」

    JST「産学官連携ジャーナル」2015年6月号にSARR代表松田のコラム「テキサス州オースティン ―全米で最も注目を集めるハイテク都市―」が掲載されました。”米国テキサス州にあるオースティンは全米第2位のハイテク都市である。

  5. 科学技術イノベーションと地域イノベーションの連鎖を起こすために

    「技術と経営」誌に投稿されたRISTEX「科学技術イノベーションと地域イノベーションの連鎖を起こすために」に当社松田一敬のコラム「ボストンとシリコンバレーはなぜ成功を続けているのか」が紹介されました。

  6. 「技術と経営」誌にコラムが掲載されました

    (一社)科学技術と経済の会発行の『技術と経営』7月号にコラム「健康医療ビジネスにおけるイノベーションと政策のための科学」が掲載されました。

  7. コラム「ボストンとシリコンバレーはなぜ成功を続けているのか」

    独立行政法人科学技術振興機構「科学技術政策イノーベーションのための科学」にコラムが掲載されました。ボストンやシリコンバレーのエコシステムについて書いています。

  8. 「日本から新薬を〜バイオベンチャーがイノベーションの担い手」

    2/29 バイオベンチャー大賞贈賞式(高円宮妃殿下ご列席)が開催されました。そのタイミングに合わせて『フジサンケイビジネスアイ』にコラム「日本から新薬を〜バイオベンチャーがイノベーションの担い手」を寄稿しました。

  9. NATURE誌2011/9/22号に北海道特集が掲載されました

    英科学誌『NATURE』 2011/9/22号に北海道特集が掲載されました。「Spotligt on Hokkaido」というタイトルでNATURE誌が北海道特集を組んだのはこれが初めてのことです。

  10. 寒風温風「東日本大震災からの復興-民間投資の積極活用を」

    北海道新聞 2011/7/10 寒風温風にコラム「東日本大震災からの復興」が掲載されました。 新聞記事はこちら寒風温風「東日本大震災からの復興-民間投資の積極活用を」(概要)「 日本は世界有数の天災大国だ。地震、津波、火山、台風など数えたらキリがない。

ページ上部へ戻る