ブロックチェーン

  1. ラオス、デジタル通貨検討 日本の新興ソラミツが支援

    SARR代表松田一敬が共同創業者であるソラミツがラオスのデジタル地域通貨を支援することになりました。日経の記事より一部引用「ラオス、デジタル通貨検討 日本の新興ソラミツが支援」東南アジアのラオスはデジタル通貨の開発検討に入った。

  2. ソラミツがシンガポールによるCBDCコンペで世界中300チームの中からショートリストに選ばれました。

    ソラミツがシンガポールによるCBDCコンペで世界中300チームの中からショートリストに選ばれました。

  3. 会津磐梯町でトクトクデジタル商品券スタート

    SARR代表松田一敬が代表取締役COOを務めるDigital Platformerが開発したLITAを活用したプレミアム付デジタル地域通貨「磐梯デジとく」がスタートしました。

  4. コラム「新型コロナ環境下で変わる世界 移動制限下で増す仮想空間での経済活動」が北海道新聞に掲載されました。

    1/20、北海道新聞「寒風温風」にコラム「新型コロナ環境下で変わる世界 移動制限下で増す仮想空間での経済活動」が掲載されました。北海道新聞電子版に登録すれば記事本体も読めます。(掲載コラムより引用)新型コロナウイルス感染拡大を受け、関東と関西などで緊急事態宣言が発令された。

  5. 11/22ソラミツとDigital Platformerのデジタル通貨、デジタル地域通貨の取り組みがTBS-BSで放映されました。

    ソラミツとDigital Platformerのデジタル通貨、デジタル地域通貨の取り組みがTBS-BSで放映されました。

  6. デジタル通貨ウォレットからオンラインで保険加入する仕組み構築~ Digital Platformerと東京海上日動 業務提携 ~

    デジタル通貨ウォレットからオンラインで保険加入する仕組み構築~ Digital Platformerと東京海上日動 業務提携 ~SARR代表松田一敬が共同創業者であるDigitalPlatformer社と東京海上日動の協働に関するリリースを出しました。

  7. 8/21「第2回 大阪におけるいのち輝く未来社会の共創ー「ブロックチェーンによるデジタル地域通貨・デジタル個人認証がもたらす多産業融合による新たな街の可能性」

    8/21大阪商工会議所主催「第2回 大阪におけるいのち輝く未来社会の共創」(テーマ:ブロックチェーンを使ったデータの多分野での連携と多様化への対応の可能性、社会実装へのプロセスを考える)にSARR代表松田一敬が登壇します。

  8. 日本初のデジタル地域通貨「白虎」の正式ローンチがテレビでも紹介されました。

    7/9会津にて白虎のオープニングセレモニーがありました。。日本発のブロックチェーベースでのデジタル地域通貨ということで多くの報道陣にご参加頂き、報道されました。

  9. JBA主催「日本版CBDCについて考える」が開催されました。

    JBA(日本ブロックチェーン協会)主催「日本版CBDCについて考える」が開催されました。SARR代表松田一敬が創業経営者であるソラミツからは宮沢社長がスピーカーとして参加しました。

  10. 日本初のデジタル地域通貨「会津・白虎」正式運用開始!

    日本初のデジタル地域通貨「会津・白虎」正式運用が始まりました。

ページ上部へ戻る