お知らせ

2.72019

当社のスピンアウトが西陣織アパレルブランドcircu(サーキュ)をローンチ

当社のスピンアウトが西陣織アパレルブランドcircu(サーキュ)をローンチしました。本日の京都新聞に記事が掲載されました。本日からMakuakeでクラウドファンディングがスタートです。

CircuのMakuakeサイト

(以下Circuサイトより)

西陣織をもっと身近に!circu(サーキュ)が織りなすパンプスやベルトが誕生!

  1. 若手西陣織織元とデザインで伝統産業をアップデートする女性デザイナーと作った西陣織新ブランド!
  2. トレンドを意識した色使いで、日常生活に馴染む色柄を実現!
  3. 水にも摩擦にも強い機能性の高い西陣織生地で安心して雨の日やどんな場面でも着用できる!

CIRCU誕生の背景

西陣織とは、呼称550年を超える京都発祥の日本を代表する織物であり、世界の織物中でも有数の、実に質の高い優れた先染めの紋織物として認められています。(先に染めた糸を織ること=先染めの織り)そして、西陣織工業組合が認定した職人だけが「西陣織」という言葉を使うことができます。

かつて、日本の経済成長の時代には、絹産業の一つとして大きく貢献しました。ですが、人々の服装が和装から洋装へと変化するにつれて生産需要は激減し、その多くの織屋は閉業。織る職人だけではなく、原材料となる絹や糸、糸を染める職人、道具を作る職人など多岐に渡り、日本の誇るべきこの技術を受け継ぐ人々は時の流れと共に減り続け、西陣織に限らず、いわゆる「伝統産業」は後継者不足や工賃の低下を起因とした、継続・継承が厳しい状況にあります。

後継者を育成したり、工賃を上げるためには、なんとしても現代人のライフスタイルに沿って、生産需要を上げることは必要不可欠。”西陣織=着物の帯”のイメージを脱して、洋服と一緒に日常に馴染んで楽しむことができる西陣織の提案をすることによって、「西陣織に<今>の感性を織り込み、新しい循環(circulation)を生み出したい」という想いで立ち上げたブランドが私たち「circu(サーキュ)」です。

私たちcircuが目指すのは、

今までまだ存在しなかった西陣織のファッションアイテムを作ること」です。

<大切な3つのpoints>

✔︎point1 西陣織は着物帯や”和”の素材というイメージを覆したい!

✔︎point2 日常使いをできる実用的な西陣織を提案したい!

✔︎point3 生地(fabric)としての西陣織の魅力を、もっと楽しんでほしい!

circuの製品は、上記の3つのポイントにこだわってお作りしております。

(引用終わり)

ぜひ、Circuのサイトに行って、おしゃれなパンプスやサッシュベルトを見てみてください。

また実際に手にとってみたい人は京都のSenbonLabに来ていただければみることができます。

よろしくお願いします。

 

過去の記事

  1. 2.72019

    オンラインショップmoi-moreをスタート

    当社のスピンアウトである(株)APPRE-ARTが2018年10月に京都・西陣のエリアに位置する千本...

  2. 2.72019

    当社のスピンアウトが西陣織アパレルブランドcircu(サーキュ)をローンチ

    当社のスピンアウトが西陣織アパレルブランドcircu(サーキュ)をローンチしました。

  3. 11.22018

    動物の健康を支える新規事業探索プログラム2018(下期)ー参加チーム募集開始

    動物の健康を支える新規事業探索プログラム2018(下期)ー参加チーム募集DSPAH ...

ページ上部へ戻る