ブログ

第37回事業創出サロン開催【テーマ:スタートアップの成功を左右する資本政策】

今回のテーマは
「スタートアップの成功を左右する資本政策」

会社設立の一番最初から株主構成や資本政策をどうするかは極めて重要です。
大きな飛躍を目指すスタートアップにとって誰を株主にするか、どのように資金調達をするか、資本政策をどうするかがその後の成長や成功に大きく影響します。

逆にシード、アーリーステージにおける資金調達の間違いによりその後の資金調達、EXITやIPOを逃す事例を数多く見てきました。
特に最近では、ネット・サービス系や大学発ベンチャーの失敗事例が目立ちます。

そこで今回は資本政策、資金調達のアドバイスの専門家であるプルータス・コンサルティングの中川卓也氏をお招きして、スタートアップについての資本政策はどうしたらいいか、どのような考え方をするべきかをお話しいただきます。

プルータスはDeNAによる横浜スタジアム買収の株価評価を行ったことでも話題になりました。

開催日時 平成28年4月26日 18:00~20:00
開催場所 日本政策金融公庫京都支店セミナールーム
〒600‐8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 5F
(アーバンネット四条烏丸ビル)
TEL: 075-211-3230
講演者 中川卓也氏(株式会社プルータス・コンサルティング エグゼティブ・ダイレクター)
内 容 1.「スタートアップの成功を左右する資本政策」
講師:株式会社プルータス・コンサルティング エグゼティブ・ダイレクター
中川卓也氏

2.ネットワーキング
参加者を交えたQ&Aおよびネットワーキング

【ご略歴】

【講師 中川卓也氏
1983年京都大学卒。

事業会社を経て、外資系投資銀行に勤務。キダーピーボディ証券(GEキャピタル)外国株式部、バークレイズ証券キャピタルマーケット部、HSBC証券資本市場部門マネージングダイレクター、みずほ証券事業開発総括部長、ネスレ日本人材開発部長等を歴任し、その間M&A、ファイナンス、デリバティブ、証券化、PE・ヘッジファンドの資金調達、IR・コーポレートガバナンスアドバイザリー、組織・人材開発プログラム業務に従事。事業会社や機関投資家の事業戦略、資本・財務政策、議決権行使基準、人材活性化へのアドバイスにより顧客の企業価値向上に貢献。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る