ブログ

第32回事業創出サロン開催【テーマ:ビットコイン仮想通貨】

今回のテーマは
「ビットコイン以降の仮想通貨、Blockchainがもたらす様々なビジネス機会
                    ~決済・送金革命の到来と銀行に与える影響」
 大手取引所であるマウントゴックスが破綻し、日本では評判の悪いビットコインですが、今、世界中でビットコインならびに仮想通貨、Blockchainテクノロジーへの注目が高まっています。
グーグルがこの分野のスタートアップRippleに資本参加、大手カード会社が自社サービスへの応用の検討を開始し、VCから多額の資金も投下されています。クラウドファンディングの登場で資金調達の有り様が劇的に変わりましたが、Blockchainにより決済・送金は革命的に変わると予想されています。
その中で日本の金融機関はどうしたらいいのか、また人々の生活はどう変わるのか、そして新たなビジネスチャンスはあるのか、といったテーマについてこの分野に詳しいYoshimitsu Jimmy Homma氏をお迎えして議論を交わしたいと思います。
羹に懲りて膾を吹く、そのようなことにならないように、ビットコイン、仮想通貨に関する議論を皆様と深めることができればと思っています。ぜひご参加ください。
開催日時 平成27年7月14日 18:00~20:00
開催場所 日本政策金融公庫京都支店セミナールーム
〒600‐8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 5F
(アーバンネット四条烏丸ビル)
TEL: 075-211-3230
講演者 Yoshimitsu Jimmy Homma氏(日本デジタルマネー協会代表理事)
内 容 1.話題提供
「ビットコイン以降の仮想通貨、Blockchainがもたらす様々なビジネス機会
~決済・送金革命の到来と銀行に与える影響」
【講 師】Yoshimitsu Jimmy Homma氏(日本デジタルマネー協会代表理事)

2.事例紹介
「日本発、ビットコインを超えるNEMとは?」 武宮誠氏

3.講師ならびに参加者も交えたディスカッション
【モデレーター】松田一敬 合同会社SARR 代表執行社員

4.公庫からのご案内(資本性ローンの制度改正、その他のお知らせ)

5.ネットワーキング

【講師ご略歴】

【Yoshimitsu Jimmy Homma氏
私立武蔵高校、京都大学工学部物理工学科卒業後、NKK半導体本部にて、メモリー設計と営業を担当。その後米国パラダイムテクノロジーにてSRAM設計。富士通株式会社にてフラッシュメモリーマーケティング、Trusted Computing、農業向けICT、M2M通信事業企画を担当した後、米国富士通研究所で、Trusted Computing事業企画に従事。
2014年1月 日本デジタルマネー協会を設立、代表理事に就任。参考ウエブサイト
http://www.digitalmoney.or.jp/aboutus/

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る