ブログ

  1. 未来2017ピッチイベント開催12/20

    SMBCグループによる日本最大級のスタートアップ支援プログラム未来2017のピッチイベント(2次審査会)が12/20に開催されます。2次審査会の詳細はこちら。

  2. 妊婦や胎児、遠隔健診 高松の企業が医療機器(メロディ&SARR)

    支援先のメロディインターナショナルが日経新聞12月14日付に取り上げられました。支援機関として当社も紹介されています。 「妊婦や胎児、遠隔健診 高松の企業が医療機器」 当社は総務省i-challenge事業で支援機関としてメロディを支援しています。

  3. 遠隔診断の記事が掲載されました。

    当社支援先であるメロディ・インターナショナルの技術顧問であり日本遠隔医療学会会長の原量宏香川大学瀬戸内圏研究センター特任教授(医療情報学)の取り組みがYahooニュースで紹介されました。

  4. 第11回生活を豊かにするロボットビジネス研究会にて登壇いたしました

    第11回生活を豊かにするロボットビジネス研究会のご案内〈平成28年11月29日(火)〉にて事例紹介を行いました。 テーマは「超高齢化社会におけるロボットの役割とビジネス展開」SARRの科学技術商業化の取り組みとアメリカのヘルスケアロボットEKSOの紹介を行いました。

  5. 第1回kizki Salon【ドローン・オートフライト・デベロップメントの今】

     去る7月に開催いたしました「第4回kizki PITCH&ドローンGO!NEXT!」の続編として自動航行を行うドローンを制御する上で必要となる「位置情報の活用」と「機体制御」についてのソフト観点からの取り組みを共有するセミナーを開催致しました。

  6. メロディインターナショナルが総務省i-challengeに正式採択されました

    メロディインターナショナル(産科の遠隔診断)が総務省ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(i-challenge)に正式採択されました。当社は支援機関として採択されています。ICTイノベーション創出チャレンジ(i-challenge)はこちらを参照ください。

  7. kizkiピッチ「ヘルスケアロボット」日経デジタル記事その2

    10/28に開催された第5回kizki PITCH x Link-J@日本橋(テーマ:ヘルスケア向けロボット)が日経デジタルヘルスに掲載されました。「リバビリロボット、米国から来日」の続編です。吉川先生によるロボットと介護の現場と可能性ついて紹介されています。

  8. RFルーカス株式会社に投資しました。

    当社子会社であるSARR TECH RANCHがGPを務めるkizki1号投資事業有限責任組合(「kizkiファンド」)はこのたびRFルーカス株式会社に投資を行い、SARR TECH RANCH GPのSandeep Kumarが取締役に就任しました。

  9. kizkiピッチ「ヘルスケア向けロボット」が日経デジタルヘルスに掲載されました。

    10/28に開催された第5回kizki PITCH x Link-J@日本橋(テーマ:ヘルスケア向けロボット)が日経デジタルヘルスに掲載されました。アメリカの介護ロボットEksoならびに当社の活動について紹介されています。

  10. 北海道新聞にコラムが掲載されました。

    11/20(日)付北海道新聞の寒風温風に当社代表松田一敬のコラムが掲載されました。タイトル「観光立国目指すには 〜 引きつける魅力つくろう」豊岡や卯之町の事例を通じ、風情のある街並みが外国人や国内の観光客を惹きつけることを紹介しています。

ページ上部へ戻る