ブログ

7/9「エンターテックにはビジネスチャンスが眠っている」に登壇

日曜日の午後、エンターテックのイベントに登壇します。「コンテンツ流通やビジネスにおけるブロックチェーンの可能性」について話す予定です。

詳細

START ME UP AWARDS 2017プレイベント「ビジネスヒント!特別セミナー」

「エンターテックにはビジネスチャンスが眠っている」

日時: 2017年7月9日(日)14時開演(13時半開場)

会場:朝日新聞メディアラボ 渋谷分室

東京都渋谷区神宮前6-19-21 ホルツ細川ビル4階

参加無料・飲食の持込OKです

*********

4年目を迎える「START ME UP AWARDS」。エンタメ系に特化してスタートアップを支援するプロジェクトとして存在感を示せるようになりました。

今年は起業志望者を対象に、エンターテインメント✕テクノロジー=entertech分野で、注目のカテゴリーをピックアップして、状況整理とネットワークを提供する無料セミナーを行います。

コンテンツサービス系のスタートアップやエンタメ系での起業志望者はもちろんのこと、entertechの分野で知見と人脈を広げたい方に最適のイベントになています。この機会をお見逃しなく、ご参加ください。

*********

<概要>

司会:山口哲一

【第一部】

ミニセミナー(各10分+質疑応答)

・「コンテンツ流通やビジネスにおけるブロックチェーンの可能性」:松田一敬(京都工芸繊維大学特任教授・ソラミツ取締役会長)

・「ドローン✕エンタメ」:熊田 貴之(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長)

・「アナログレコード関連ビジネスの可能性」:竹川潤一(デビッドワッツ代表取締役)

・「福山泰史から見るシリコンバレースタートアップ」:福山泰史(音楽&テクノロジービジネスプロデューサー)

・コンテンツ認識技術の動向とエンタメ領域への適用の可能性:高島正幸(NTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部 ライフデジタル事業部 メディア統括部 サービス企画担当 部長)

【第二部】

鈴木貴歩+山口哲一「エンターテック対談」(40分)

・Spotify「ヤドカリ型サービス」は何ができるか?

・データドリブンマーケティングの時代が来ている(Music Allyのデータから)

・AR/VR/MRの現状を再確認する

・2017年最大のキワード「ストーリーテリング」とは?

・スマートスピーカーがポストスマホ時代の主役になるか?

※ 終了後に懇親会を予定。

●SMUA実行委員長山口による解説

デジタル進化が産業構造を一変させる時代になっています。エンタメ系のコンテンツビジネスでも、多くの場面で前提条件が変わり始めています。ルールが変わるということは、ビジネスチャンスがあるということです。従来のノウハウが陳腐化している時代に、旧来型の企業が対応するのは難しく、まさにスタートアップの活躍の機会であると言えるでしょう。

ブロックチェーンやドローンという新たな「登場人物」が、どんな役割をはたすのか、専門家の知見を伺い、連携の機会を探ります。一方で、アメリカではパッケージ市場のシャアの2割以上をアナログレコードが占めるようになっています。何故そうなっているのか、日本はどうなるのか?も音楽ファンには関心事です。同時に、シリコンバレーのトレンドもおさえておきたいですね。今回のスピーカーとテーマ設定は、そんな希望にお応えできる場になるはずです。

鈴木さんとの対談では、スマートスピーカー、AR/VR/MR、ストーリーテリングと言った、エンターテックのキーワードを現在進行形で解説&ディスカッションします。併せて、ロンドンのデジタル音楽マーケティング会社MUSIC ALLYから正式に提供された資料を元にストリーミング時代のユーザーデーターの活用の最新状況を開示します。同時にSpotifyからもオンデマンドストリーミングサービス時代の連携サービスの現状と課題などの情報をいただくことになっています。

僕自身が、興味津々のトピックを並べていて、どんな話になるか楽しみにしています。質疑応答や懇親会の時間もとりますので、ネットワークを広げる機会としても是非、ご活用ください。

<対談>

13時30分:開場

14時〜開会挨拶、趣旨説明

14時10分〜第一部:ミニセミナー

15時〜第二部:エンターテック対談
15時40分〜15時50分:休憩

15時50分〜懇親会

(17時終了予定)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る