トピックス

  1. 大学発ベンチャーにおける地域VCの役割

    論文「大学発ベンチャーにおける地域VCの役割」(大阪市立大学松井俊己君著、山田仁一郎准教授監修)において、SARR代表者松田がハンズオンしたジーンテクノサイエンス社(東証マザーズ上場)ならびに松田の役割が事例として紹介されています。

  2. 「我が国における技術開発型ベンチャーの実態把握及び国外との比較による支援制度の在り方に関する検討」報告書

    エコシステム報告書が完成しました。「我が国における技術開発型ベンチャーの実態把握及び国外との比較による支援制度の在り方に関する検討」報告書がupされました。SARRは本報告書の企画ならびに国内外の事例紹介・ヒアリングに参加しています。

  3. 11/6,7ワールドアライアンスフォーラム(再生医療)in SF

    11/6,7サンフランシスコでワールドアライアンスフォーラム(再生医療)が開催されます。再生医療の最先端の知識が集結。日本が世界をリードする技術の事業化についてディスカッション。山中先生はもちろん、世界で最初にiPS細胞を網膜治療に応用した高橋先生他、かなり豪華なメンバーです。

  4. 10/9 I-Challenge in Osaka  10/16 I-Challenge in KYOTO 説明会

    I-Challenge! in Osaka Innovation Hub~革新的な技術とベンチャーキャピタルとのマッチング~関西の、日本の新事業・新産業の創出のために、ICT分野の革新的な技術シーズやアイデアの事業化 を目指すベンチャー企業等と、事業化を支援するベンチャーキャヒ...

  5. 日本ベンチャー学会全国大会にパネリストとして参加

    11/26-27、京都で日本ベンチャー学会全国大会が開催されました。26日午後のパネルディスカッションにパネリストとして参加しました。

  6. 立命館大学でライフサイエンス事業戦略の講義開始

    2012年4月より、立命館大学大学院テクノロジーマネジメント研究科において「ライフサイエンス事業戦略」の講義を受け持つことになりました。

  7. ICTイノベーション創出チャレンジプログラム一次提案審査委員会登録機関に選定されました

    総務省ICTイノベーション創出チャレンジプログラム:一次提案審査委員会登録機関に選定されました。

  8. 豊岡市稽古塾で講義

    現在開催されている豊岡市稽古塾にてビジネスプラン構築、演習について講義を行いました。また最終回は参加各チームがビジネスプランの発表を行いました。

  9. アジア・アントレプレナーシップ・アワードにて審査員

    7/14に開催されたアジア・アントレプレナーシップ・アワード セミファイナルにて審査員を務めました。アジア各国から集まった17チームが自分たちのチームのビジネスプランを発表しました。各チームともそれぞれの国のセレクションを勝ち抜いてきて、非常に面白いプレゼンでした。

  10. NEDO「スタートアップイノベータ」事業のカタライザーに選ばれました

    NEDO研究開発型新事業創出プラットホーム事業(スタートアップイノベータ事業)のカタライザーに選ばれました。本事業で支援する起業家(スタートアップイノベータ)を募集しています。意欲があり、挑戦したいと思う方はスタートアップイノベータ公募要領を参照してください。

ページ上部へ戻る